接木苗

​(つぎきなえ)

病気に強い台木(だいき)と、お好みに合わせた身をつける穂木(ほぎ)を接ぎ合わせた育てやすい苗。

自根苗

​(じこんなえ)

実生苗(みしょうなえ)

ともいう。

接木していない、種からそのまま育った状態の苗。

​接木に比べて安価

どちらを選ぶか?

【なす苗】​

毎年同じ畑で作り続けると、土壌の病虫害が増えたり、養分バランスが崩れてしまい生育が悪くなります。

*同じ場所で育てる場合→接木苗

​*プランターなど→自根苗でOK

【きゅうり苗】

【すいか苗・メロン苗】​

地温(畑の土の温度)が上がらないと根の張りが悪い性質があります。接木苗は低温伸張性のあるカボチャを台木に使用しているため、生育が良好です。

*地温が上がる前

(長野市だとおよそ5月下旬以前)

接木苗

​*ハウス内栽培や地温があがってから

自根苗でOK

© 2009 by 善光寺平 宮沢農園

Follow us for more updates

​お問合せはこちらから・・・↓

  • yjimage
  • Wix Facebook page

TEL​:026-282-2303

FAX:026-403-4910